スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸住宅の更新料は有効との最高裁が判断

07 15, 2011

朝日新聞

賃貸住宅の契約を更新する際に家主が借り手から「更新料」を取る契約は有効か、それとも無効か。最高裁第二小法廷(古田佑紀裁判長)は15日、更新料をめぐる3件の訴訟の上告審判決で「原則有効」とする初めての判断を示した。「更新料を取る契約は消費者の利益を不当に害している」と訴えた借り手側の敗訴が確定した。

 

やはり有効との判断となりました。もしこれで無効の判断が出た場合は大きな混乱が起きていたでしょう。

 

家主を訴えていたのは、京都府と滋賀県のマンションを借りた男女計3人。更新料は両府県や首都圏を中心に商習慣として定着してきた。三つの訴訟の控訴審はそれぞれ大阪高裁の別の裁判官が担当。有効1件、無効2件と結論が分かれたため、最高裁の判断が注目されていた。

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
RSSフィード
プロフィール

空間建築ファクトリー

ロゴ

空間建築ファクトリー
空間建築ファクトリーのスタッフ日記です。
仕事とは関係のないことなんか書いてますよ。

東急線 賃貸
東急すまっぷ
カテゴリー
最近の記事
ブロとも申請フォーム
リンク
お引っ越しなら
アーク引越センター
trackword
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。